アウトソーシング

ニーズを的確にとらえて、経験値と専門性を考慮した人材をご紹介いたします。

<企業の悲鳴!>

限られた人材で各専門技術や長時間のサポート対応に疲弊し、継続的な人材確保が困難になっている事から、賢い企業はアウトソーシング化へシフトしています。

アウトソーシング

1 による効果
  • ネットワーク環境の向上:専門業者による最適化された高速ネットワーク環境を利用できる。
  • セキュリティの向上:セキュリティレベルが高い設置場所ならびに作業者を利用できる。
  • インフラ面など安全性の確保:災害対策や機器取扱いも含め堅牢性の高い環境を利用できる。
  • スペースの活用: 機器設置用として必要となる専用配線、専用空調などが不要となる為、スペースは多目的に利用可能となる。
2 による効果
  • 人材不足の解消:特定言語やシステム環境を熟知した専門技術者を確保できる。
  • 人材コスト削減:人材教育期間など、投資コストや運用コストが削減可能。
  • 本業を優先:社員を、システム専門業務から解放し、社に必要となるIT企画や業務改善などの提案などへシフトさせることが可能。
3 による効果
  • 部門単位で固定費削減:期間指定で人材を確保する事で、固定費を変動費化しコストを削減。
  • IT化サービスの向上:コンピュータを運用している部門から、会社全体を俯瞰したITサービスの向上を意識する運用へと移行することが可能。
  • 業務効率化(最適化):一定レベルの教育を受けた人材を利用する事で、業務品質の向上と、効率化(最適化)が行われる。
  • コメントは受け付けていません。